桜だ!野良仕事だ!そして焼酎が美味しい!【黒島の春がやってきました】

三島村移住

こんにちは

みしま焼酎 無垢の蔵 杜氏の坂元です。

昨年、蔵の裏に植樹したオオシマザクラの花が綺麗に咲いてくれました。

4月に入り気候がだんだん暖かくなってきたのを感じさせてくれます。

大里集落を散歩していると綺麗に咲いたツツジがサンサンと日光を浴びていて、見ているこっちまで気持ちが良いです。 

自然が身近にある離島の春はホントに良い季節ですよね。

ということで今回の記事は、春になった最近の出来事などを書いていきたいと思います。

黒島の春はポカポカ陽気で野良仕事の季節

大里の朝は早く、島民の方達も朝早くから畑に出かけて、野良仕事に勤しんでいる様子が見られます。

私たちも5月1日発売に向けて焼酎みしま村・焼酎メンドンの出荷準備とベニオトメ栽培の同時進行のために、蔵と畑を行ったり来たりしています。

蔵では焼酎の瓶詰めやラベル貼りを着々と進めたり、

畑では肥料や堆肥を撒いて耕耘をしたり、マルチを張ったり、地域おこし協力隊の本城くんや島民の方々と協力しながら進めています。

最近は、野良仕事のために畑に出かけると昆虫が増えてきたのを感じます、気候が暖かくなってきたからでしょうね。

そしてそれをエサにしている野鳥が増えてきました。

大里にはツバメやメジロ・オオルリなどの野鳥がとても多く見られ、さえずりが心地よいBGMになります。

畑を耕耘すると、土中の虫を食べに鳥がやってきて「春だなぁ」と感じます。

ベニオトメの植え付けがそろそろ始まるのでマルチを貼っていたのですが、良い気候で作業もしやすかったです。

春(4月上旬くらい)は風が強くなる傾向があるので、マルチが剥がれていないかのチェックをしに行くこともしばしば。

特に雨が降って土が流れた後は、風が強くなるとマルチが飛ばされる可能性が高くなるので、毎日天候チェックをしています。

気が抜けない!

野良仕事のあとの焼酎が最高に美味しい

外で野良仕事をしていると、汗をかくくらいに暖かくなってきましたので、仕事終わりに飲む焼酎が最高に美味しいです。

身体に適度な疲労感を感じながら、焼酎の水割りやロックで喉を潤すのは至福の時間と言えます。

春と言えば、ミズイカの刺身と一緒に飲む焼酎ロックが一番好きです。

【オススメ記事】

焼酎にあうオススメおつまみを紹介します。今日の晩酌のお供は?

世界的な規模で大変な時期ですが、小さな楽しみを自分の中で持って、前向きに進んで行けたら良いなと思います。

短い記事でしたが、今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。