黒島片泊に新しく”さら”がOPENしました!【離島へのUターン移住のお話!】

三島村移住

こんにちは、黒島の藤原です。
3月末から黒島に新しくさらがOPENしました✨☀
Uターンで三島村に移住したオーナーの山口さんご夫婦に話を聞きました🌞

さら
電話 090-5387-7390
住所 〒890-0902 鹿児島県鹿児島郡三島村黒島38

黒島移住して民宿を始めたきっかけ

山口健伸さんは、みなみん風の奥様の弟さんです。
前の民宿が事情により閉店したので、三島村役場Webサイトで次の宿の経営者を公募していました。
それをみなみん風さんが弟さんに「いま募集してるけど?」と伝えたのが、きっかけです。

山口健伸さんは、以前から飲食店をやっていて、その時はラーメン屋さんで今後オーナーから店を譲ってもらう話も進んでいてやっていくつもりでした。
ただ中学卒業まで育った三島村にUターンする、ということも頭のどこかで考えていたようです。

健伸さんが奥さんに「こんな情報でてるけど?」と聞くと、奥さんが「行ってみよう」と言われたことで三島村に移住を決められたそうです。

自分から「行きたいんだ」ということは言わないようにした、まず、三島村外で暮らしていた奥さんの意見が知りたかったから、とのことでした。(三島村は引っ越し、という意味では少し特殊な場所なのでその気持ちはすごくわかります。そして素敵な配慮ですねー😳)

健伸さんの奥様が「三島村にいってみよう」と言われた理由。

旦那さんが飲食店で長時間勤務で、家に不在なことが多かったので、子育てなどを一緒にできる環境、というのが魅力的だった、とのことでした。

黒島へ移住して3か月、黒島の印象

奥様は、それまで三島村に行ったことがなかったそうです。
来てみて、思ってた以上になにもない島でびっくりした😱、と言われていました。

今の黒島の生活は、移住前の鹿児島市で暮らしていた頃に比べて、時間に急がなくてもよい生活だと感じるそうです😃

私もすごく共感しちゃって、なんであんなに時間に急いでいたんですかねー?とお聞きしてしまいました。
奥様の仕事のスケジュールなどはそこまで変わってないんですよねー、とのこと🙄🧐
旦那さんが普段そばにいる時間が長いからじゃない?と夫婦で話されていました。

仕事と自分の生活、仕事仲間とご近所さんの違いがあんまりない島生活の時間だからなのかな、、と私はお話を聞いていて、思いました。

黒島にUターンして、魅力とこれから

健伸さんにも島のことや民宿のことも聞いてみました。

Uターンしてきて大人になって生活してみると、子供の時には気づかなかった島のもの、のおいしさに気づいて
例えば、野生のきくらげや筍を採ったり、ミズイカを釣ったりできる。普通に考えたら高級品のものが入手できることが改めてすごいなーと思ってます。

こういった島のものを今後宿で出していく予定です。(採れる量などで出せない場合もあります)
設備や外側の景観ももっとよく整えていきたいです。(例えば、看板をつけたりしたいそうです。)

以上が、民宿さらのオーナーご夫婦のお話です。
家族3人で、お客様がいらっしゃるなか、丁寧に明るくお話をしてくださいました。(ありがとうございました!)

オーナーさんは島の方独特の雰囲気で、リラックスしてフィルターなく本音で話してくださるので、こちらも和みます🌟
そして話す内容は都会的、といいますか、島の伝統と革新をあわせもってらっしゃる印象がありました💫

黒島の宿泊などご興味ありましたら、以下の記事から、民宿情報をご確認いただければと思います!

黒島(片泊)の民宿とゲストハウスをご紹介します【鹿児島県・離島】

2019.02.25