年末も大漁!! 三島村黒島 釣りの様子をご紹介します

三島村移住

こんにちは。
焼酎蔵従業員の末國です。

私事ではございますが、移住して初めての年越しとなりました。
年末年始はいろいろ島内を見て回ったので、
今回は大晦日の釣りおさめの様子を少しだけお伝えします。

釣り好きの多い島内では 大晦日でも釣り三昧!


鹿児島県 三島村の黒島。
ここには、プロの漁師がいます。
その上、釣り技術がプロ並みの島民もたくさんいます。

そんな島の年末年始は、もちろん釣り三昧!
大晦日でも釣りに行っちゃいます。

12月31日、2018年最後の船が鹿児島へ帰って行くのと同時に、
大里港から釣りおさめの船が出航です。

どんなお魚が釣れるのでしょうか?
楽しみですね。

 

魚が釣れたらみかんが必要? 港で急に手渡された柑橘類

釣れた魚のお写真を撮らせていただく約束をしていたので、
船が帰ってくる前に港で待機していたところ、
偶然通りかかった方に、島みかんや橙を手渡されました。

「魚がたくさん釣れるだろうから使いなさい」
とのこと。

どうやら正月飾り用ではないようですね。

待っている間にお腹がすいたので、
小さい島みかんを1つ食べましたが、
香りが強くておいしかったです。

 

釣りおさめの釣果はいかに?! カンパチ、クロ(メジナ)など、大漁!!

船が帰ってきて、冷蔵ケースを見せていただきました。
メジナ(島ではクロと呼びます)が大量に入っています。

刺身でも、煮つけでもおいしいお魚で、島での人気も高いそうです。

ちなみに島ではいろいろな魚が釣れますが、
島の人は美味しい魚を食べ慣れていて、
めちゃくちゃグルメなので、
釣れた中でもおいしい魚しか食べないそうですよ!

 

釣れたお魚はもちろんお刺身で 年末もお魚三昧

新鮮なカンパチが大量に並んでいます!
島に住んでいる方は、さばいてお刺身にする技術もすごいですね。

九州の味、あまーいお醤油をつけて食べます。

そして、ここで登場するのが、島のみかんや橙。
お刺身には必ず、柑橘類を絞ってかけるそうです。

焼き魚についているカボスのようにちょっと絞るのではなく、
豪快に大量に絞るのが、黒島流のようです。

島の人は酸っぱいものが大好きなので、
いろんなものに島みかんや橙を使います。

島みかんは焼酎に入れてもおいしいとのこと。
みかんがまだ青いときに、スライスしたり絞ったものを
焼酎に入れて飲むのが、島の方おすすめの飲み方です。

お刺身に甘いお醤油だけでもいいですが、
柑橘の香りが加わってもまた美味しい。
お刺身を食べている間に味変なんて、贅沢ですよね。

飲んで食べての年末でした。
また別の機会に年始の様子もお伝えできたらと思います。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

令和元年5月1日、新・みしま村が発売されます‼
みしま村を購入できる酒屋さんの情報(電話番号等)については、
こちらの記事をご覧ください。

【鹿児島芋焼酎】焼酎みしま村は三島村内の酒屋で購入できますよ-黒島編-

2018.10.08
募集中です!
黒島では現在、地域おこし協力隊を追加募集しています。ご興味のある方はぜひみてください。