今年も開催!第23回ミシマカップヨットレース【7/27】

三島村紹介

こんにちは🤚

役場 定住促進課の飯田です。

先日、7/27三島村ではミシマカップヨットレースが開催されました。

県内外から28艇のヨットが枕崎沖を朝6時にスタートしゴール竹島を目指し帆走します。
遠くは愛知県から参加していただきました👏

この日はあいにくの天気で風は吹かない、途中雷雨もあり、おまけに海上で竜巻も発生するというヨットマンにとって過酷なコンディションだったそうです。

すいません、私は準備先発隊として硫黄島に先入りしておりましたので、ヨットマンより話を聞かせていただきました😅

このミシマカップは、上記にも述べたように枕崎をスタートし竹島をゴールとして行われます。

ゴールした後は、硫黄島で表彰式や打上げパーティーが開かれます。

ミシマカップヨットレース結果

レースの結果はこのようになりました。挑戦した県内外の26艇から入賞したのは以下のチームでした。

  艇  名
はるばる賞サク(長崎県)
サイキ(愛知県)
ムーンライトメイビー(福岡県)
ベストナビゲーター賞ココリンテゲテゲ
IRCクラスファーストホームパパスフォー
優勝モーメント
2位パパスフォー
3位ココンスリー
ブービーサイキ
Cクラスファーストホームアオバ
優勝アオバ
2位ココリンテゲテゲ
3位------------------------------------
ブービー------------------------------------

※ベストナビゲーター賞とはスタート前に各艇それぞれゴールタイムを予想してもらいそのタイムに一番近い艇がもらえる賞

※ヨットレースはヨットの大きさによりクラス分けを行い、人数等でハンディキャップが与えられるのでファーストホーム(一番先にゴール)した艇が優勝するとは限りません。

三島村ならではの各島の出品内容がスゴい

毎年恒例ですが、ミシマカップヨットレースでは竹島、硫黄島、大里、片泊の各青年会、硫黄島の水産加工グループ等によりいろいろな食べ物が提供されます。

今年も島の特産物のジンガサ(貝)を使った焼き貝や黒島みかんの果汁が入ったシフォンケーキ、ビンゲ(魚)の唐揚げ、三島近海で獲れた魚を使ったフィッシュバーガー等々提供されました。

滅多に口にできない島の特産品‼

美味しかったぁー😆

ステージアトラクションもスゴい!

バンド・歌謡・ジャンベなどのステージアトラクション等もあり盛大な盛り上がりを見せました‼

鹿児島を中心に活動しているグループ「バッドタンバリンさん」

毎年司会もお願いし歌も披露していただいている「苑 とも子さん」

こちらも毎年演奏していただいている硫黄島のジャンベグループ「あ・ぼーら」

打ち上げ花火の準備のため海上から離れた堤防にいましたが熱気・迫力は十分に伝わってきました。

島で滅多に見られない打ち上げ花火

今回は、島民の方はあまり見たことがない花火の打ち上げも行われました。

私は、この花火担当として奮闘しました。

打ち上げ真下で見ていたのですが、花火が向かってくるのでかなりビビッてしまいました😓

こんな経験は滅多に無いのにすみません、写メを撮るのを忘れてしまいました。

皆さんに提供できないことが非常に悔やまれます。(すみませんでした😅)

離島ならではの大変さ

ヨットレースも無事終わり、ホッとするのもつかの間、次の船に載せて持って帰らないといけないテント・イス・テーブル等々の後片付けが大変!

終わったのは午後10時頃、それから交代でセンターのお風呂に入り港にある本部テントへ

夜中に出るヨットに氷を配付するため本部に待機!

歳を取るとダメですね・・・3時過ぎに後輩に託し寝袋にて就寝させていただきました。

そう言えば、そのころ焼酎蔵の二人も本部席で仕事?人生?について語っていたような・・・

最後に!ぶっちゃけて言いますが、島の人、役場職員は準備・受入体制を行っているのでヨットレースがどのように行われているか分からないのが実情です😆