三島村島民限定価格の焼酎を出荷しました、焼酎を飲もう!

焼酎プロジェクト

こんにちは

みしま焼酎 無垢の蔵 杜氏の坂元です。

私のいる黒島は5月末から梅雨入りしてから、ほぼ雨続きです。

畑の畝間の水がハケきらず残ってしまうのが気になります。

そして気象庁の発表では沖縄は梅雨明けしていますね、三島村も早く梅雨明けして欲しいところです。

今回の記事では「三島村島民限定価格」焼酎について書いていきます。短い記事です!

焼酎みしま村・焼酎メンドンを島民限定価格で販売!それぞれ2本まで

こちらの限定価格販売は5月の末まで各島の出張所で受付をしていました。(現在は受付を終了しています)

お得な値段で三島村の焼酎をゲットできるチャンスだったので多くの方からの購入申し込みがありました。

この商品については、島の方々にこの焼酎を味わってもらうことが目的であり、通常の商品とは違って化粧箱はついていません。

これが化粧箱ですね。

あと細かい違いとしては、キャップの包みもありません

左:令和元年発売の焼酎みしま村 右:島民限定の焼酎みしま村

通常販売の焼酎みしま村にはゴールド、焼酎メンドンにはシルバーのキャップ包みが付いています。

(令和元年発売の焼酎みしま村のみ「初蔵出し」ラベルが貼ってあります。写真左)

 

1世帯に2本ずつが上限ではありますが、

三島村の特産品焼酎として島民の皆様に味わって頂ければ嬉しく思います。

また、焼酎みしま村と焼酎メンドンを両方手に取る良い機会にもなったのかなと思います。

みしま村とメンドンの飲み比べは新たな味や香りや飲み方の発見があってかなりオススメです。

1日の締めくくりに焼酎を飲もう!

だんだんと暑くなってきて、夏らしくなってきました。

黒島では雨がシトシト降り続いていて、晴れ間が見えたら畑に飛び出していく日々です。

風で吹き飛ばされた苗を補植したり、雑草と闘ったり、排水の溝を掘ったりしていると、汗が吹き出します。

また、あまりにも雨が続くとマルチが剥げて畝が流されるので、そういう所は土寄せをします。

体をたくさん動かして家に戻ると程よい疲労感と空腹感が襲ってきます。

そんな日の夜は氷をたくさん作って、キンキンの焼酎ロックか水割りで一日を締めくくるのが最高です。

焼酎みしま村・メンドンで1日を締めくくってみてはいかがでしょうか?

 

短いですが、今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。