島の0円食材「ツワブキ」を求めて。【離島移住者の休日】

三島村移住

こんにちは‼
みしま焼酎無垢の蔵(地域おこし協力隊)の末國です。

本日は黒島が誇る0円食材の一つ、ツワブキをご紹介します😊

もちろん初心者の私は、島の先輩にガイドをしていただきました。
ありがとうございました!

ツワブキって何?

こちらの植物が、ツワブキです。
2月から4月にかけて収穫期を迎えます。

フキノトウの天ぷらや、きゃらぶきの材料となる「フキ」とは、
別の種類のものです。

ツワブキは海に近いところに多く自生しており、
フキは山の中の湿ったところに多いそうです。
潮風にも耐えられるツヤツヤした葉っぱが特徴です。

黒島ではその辺の道端に生えています。
でも、こちらのイキイキした葉っぱは食べられません。

ツワブキの「引き方」とは!?

こちらが、ツワブキの食べられる部分です。
緑色をしていませんし、白っぽい毛のようなものが生えています。

萎れているような見た目をしていますが、こちらがツワブキの若いモノで、
柔らかくて美味しい部分です。

これを見つけたら、ただ掴んで引っ張るだけです。
意外にも収穫の仕方は簡単。
収穫に適した時期のものを見つける方が難しいです。

ツワブキを引っ張って収穫するので、ツワブキの収穫に行くとき、
島では「ツワ引きに行く」と言います。

ツワブキを引いた場所の近くには……

片泊地区の取水地がありました。
なんだか不思議な光景。

一緒にツワブキを取りに行った子供たちも取水地を眺めています。
この光景が家から車でちょっと行っただけ、というのがびっくりですよね。

小川のせせらぎを聞きながら、ゆっくり歩いてのツワブキ取り。
やっぱり黒島の水は本当にきれいですね。

道端に生えているツワブキを取るだけなら、
そんなにハードな運動をすることもなく、気軽に収穫ができて楽しいです。

ツワブキを引いた後は、片泊のきよはる公園で休憩

ツワブキ取りの後は、子供たちと一緒に公園でおやつタイム。
お一人様移住者にとっては、ものすごくありがたい時間だと感じます。


片泊のきよはる公園から見える景色は最高です!
ぜひ、観光客の皆様にもご覧いただきたいですね。

帰った後はツワブキの皮をむいて、調理!

帰ってきたら、さっそく収穫したツワブキの調理です。

まず、ツワブキの皮をむいて、食べやすい長さに折ります。
ツワブキの皮はスルッとむけるので、むいていて気持ちいいです‼

本数が多いとそれなりに根気は要りますが、
こういう作業が好きな人にはかなりオススメですね。
無心でむいていると、日ごろのストレス解消になってよさそうです。

色が変わらないように、写真のような感じで水につけておいて、
さっと湯がけば、煮物や炒め物など何にでも使えます。

島内の会食などで、近所の奥様が作った炒めものをいただきますが、
とっても美味しいですよ😊

この島のツワブキはアクがきつくないので、
長時間水につけたり茹でたりする必要は全然なかったです。

自分が作った中で最高に美味しかった食べ方は酢漬け‼
近所の方が教えてくれましたが、
ツワブキのシャキシャキ感と香りが活きていて最高でした👏
何より料理が下手でも失敗しない💦

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

これからも、島の食材を調べていけたらと思います。
次は三島村の名産品代表である、竹の子を狙いたいですね💪