新・焼酎みしま村のお披露目会の様子をお伝えします、盛大!!

焼酎プロジェクト

こんにちは
みしま焼酎 無垢の蔵 杜氏の坂元です。

4月25日、新・焼酎みしま村の発売を目前に控えて、
お披露目会が城山観光ホテルで盛大に開かれました😄🎉

開会前の様子 製造の映像が流れていました

皆様お忙しい中たくさんの方々にご出席して頂きました。

受付の様子 緊張感を感じていたのは私だけではないはず

多くの関係者の方々にご出席頂き、モチベーションアップにつながりました。
今回は会の様子を書いていきます。

新・焼酎みしま村 お披露目会、開会!

開式 式辞

三島村村長

主食として長い間三島村を支えてきたサツマイモの可能性を信じ、

濵田酒造さんの協力を得て焼酎プロジェクトを立ち上げた話から始まり、

ここに無垢の蔵の焼酎みしま村が無事完成した喜びを話して頂きました。

待ちに待ったお披露目会の始まりに会場の雰囲気も独特な雰囲気でした。

来賓祝辞

国会議員さんや、焼酎プロジェクトに様々な惜しみない協力を寄せてくださっている皆様からご祝辞を頂きました。

今までできなかった黒島での焼酎製造を可能にした長い長い道のりは、

多方面の方々からの応援・支援の賜物であることを改めて感じました。

鹿児島は言わずと知れた焼酎王国ですが、そこに新しい1ページを刻むことができて、

これまでにない喜びが胸に湧き上がってきたのをハッキリ感じた場面でした。

ボトリング映像 放映

驚いたのは、このボトリングの映像放映でした。
昨年の初仕込みは初めての作業が続いたので
作業風景をカメラで映像に残していました。

その作業風景を見事に編集してカッコいい映像に仕上がっていました。

鏡開き

鏡開きでお披露目!

無垢の蔵のはっぴに身を包み、それぞれの立ち位置にスタンバイしたところで小槌が渡されました。

正直最初は渡された小槌で樽のフタを力強くたたき割るものだと思っていましたが、
まわりの方々が「力はいらないんだよ」と先に教えて下さりました。

合図と共に小槌を重力に任せてコツンと樽のフタに当てると
バコンっとフタが開きました。

いよいよ焼酎みしま村が飲めます🎉

ついに乾杯!これが新しい焼酎みしま村の味です!

 

テーブルには焼酎みしま村と三島村の食材を使った料理!

鏡開きに続いて、待ちに待った乾杯の瞬間が訪れました。

焼酎みしま村で乾杯をし、ぐっと飲み干すと

鼻から吹き抜ける甘いベニオトメらしい香り

そして、口に広がるしっかりとしたまろやかな味わい。

今年の焼酎みしま村は100%黒島の軟水で製造していますので、

ストレートで口に含んでも柔らかい味と香りの印象を受けました。

今までの焼酎みしま村の味わいを残したまま、

さらに長所が引き立っているのかな、と思います。

ついに誕生した新・焼酎みしま村の味わいを会場全体がじっくりと堪能していました。

それを見て、どのような評価をこれから受けるのか

我々焼酎プロジェクトは、これからどのような焼酎を造っていくのかを考えていました🌅

余興も盛り上がりました!

ここからは三島村ならではのおもてなしが続きます

ジャンベ

あ・ぼーらのみなさんと村長が踊る・たたく・歌う!

三島村といえばコレ!ジャンベ😄
西アフリカ発祥の打楽器ですね☝
会場全体にジャンベのリズムが響き渡り、手拍子と掛け声で盛り上がりました!

メンドン登場!

仮面神メンドンが会場に登場し、ステージにも上りました

三島村の伝統文化であるメンドンも登場しました🎊
ユネスコの無形文化財に登録されましたね。

本当に今回のお披露目会は盛大でした。
お祝いムードと新しい焼酎みしま村がどういう味なのかという期待が満ち溢れていました。
普段応援してくださっている島民の皆様、関係者の皆様これからも焼酎プロジェクトをよろしくお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました