芋焼酎「みしま村」造り速報(麹の味は、どんな味?)

焼酎プロジェクト

こんにちは。
みしま焼酎無垢の蔵、従業員の末國です。

10月30日、ついに稼働開始しまして、現在、順調に蔵は動いております!
本日は、蔵が稼働開始して一週間くらいの頃の様子をお伝えいたします。
(これを読めば、麹を「食べたく」なるかも!?)

こちらは、麹を造る機械に、大量の米を入れているところです。

芋焼酎なのに米なの? と以前の私だったら言いそうですが、
この工程での米蒸しが大切なんですよ!

米蒸しこそが焼酎造りの最初の工程であり、この後の工程全てに影響するので、
絶対にミスが許されない工程なんです!

こちらは、出来上がった麹の写真です。

出来上がった麹を食べてみたんですが、酸っぱくてびっくりしましたね。
この酸っぱさ(クエン酸)で、雑菌からお酒のモトを守っているそうです!

分析のためにビーカーに入れた状態の写真なので、ちょっと伝わりづらいのですが、
意外においしいんです! 

さらに、クエン酸も入っているし、いかにも体に良さそう。
麹関連の健康食品やサプリメントもたくさん世の中にあるけれど、直接食べるのは貴重な経験かも。


麹ができたら、一次醪(もろみ)を造る工程へ。
上の画像のような、かい棒で混ぜている様子は、「The 杜氏」って感じですよね。

数日経つと発酵が進み、温度も上がって泡が立ってきます。
だんだんお酒らしい匂い(甘酒のような香り)もしてきましたねー。

出来上がった一次醪を、タンクに移して次の工程へ!
だんだん工程が進み、杜氏の坂元さんも嬉しそうにしていますね。

さて、今日はここまでです。

「芋」焼酎造りの紹介なのに、結局最後まで芋の登場なしで、申し訳ありません。
三島村が誇るおいしいさつまいも「ベニオトメ」は次回登場しますので、ぜひご期待ください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。